永大供養を検討しているなら稲毛御廟へ|信頼できる管理体勢が人気

遺骨を山や海に

棺桶

専門業者によるサポート

日本では、遺体は荼毘に付した上で墓地に納骨することが一般的となっています。しかし中には、納骨する墓地がなかったり、故人がそもそも納骨を希望していなかったりという理由で、散骨を選択する人もいます。散骨とは、火葬後に粉末状にした遺骨を、山や海などに撒くという方法でおこなう供養の一種です。これにより遺骨は、墓地という特定の場所に埋まるのではなく、大自然の中に溶け込んでいきます。生前のしがらみを断ち、魂を解放することにつながるため、希望する人は増加しています。近年では特に、神奈川での散骨に人気が集中しています。神奈川は、温暖な気候をしている上に、南方には海が広がり、北方には山々が連なっているという地域です。なおかつ交通網が発達していることから、散骨後の法要のために足を運びやすいというメリットもあるのです。そのため注目されている神奈川ですが、具体的な場所については、慎重に選ぶことが肝心とされています。私有地はもちろんですが、田畑や養殖場などに撒くことも、法律では禁じられているのです。そのため神奈川での散骨を望む人の多くが、専門業者にサポートを依頼しています。依頼すれば、法律に抵触しない場所を教えてもらえますし、そこへ実際につれて行ってもらうことも可能となります。たとえば海の場合は、希望した日時に船をチャーターした上で案内してもらえるのです。読経や献花を希望する場合は、僧侶の手配や花の準備も任せることができるため、その点からも話題となっています。